SSAとは?

サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)は、科学技術と社会のあり方を考えるグループです。特定非営利活動法人サイエンス・コミュニケーションに所属していたメンバーにより、2010年に設立されました。

「知を駆動力とする社会をつくる」をミッションに、メールマガジンの発行やメディアでの発言など様々な活動を行ってきました。

2018年にはSSAの活動を発展させるため、一般社団法人科学・政策と社会研究室(カセイケン)を設立しました。活動の多くはカセイケンに移管させましたが、SSAは今後もカセイケンと密な連携をとりながら存続いたします。

代表:榎木英介(病理医・博士(医学))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です