全米科学振興協会(AAAS)年次総会参加調査 会計報告と御礼

 サイエンス・サポート・アソシエーションでは、ドナルド・トランプ政権の誕生により激変が予想されるアメリカの科学技術政策について、その現状や研究者コミュニティの対応を調べるため、ボストンで全米科学振興協会(AAAS)にメンバーを派遣しました。
この際、皆様にご寄付をお願いし、たくさんのご協力をいただきました。

参加報告は、以下のように報告会、ブログ記事、および雑誌記事(これについては近日中に掲載情報をお知らせします)で行わせていただきます。
特に、寄付をいただいた方で、講演会にいらっしゃれない方については、後日発表資料などを送付させていただきますので、お問い合わせフォームからご連絡ください。

報告会

・ポスト真実がやって来た!トランプ時代にどう変わる?アメリカの科学と政治
日時 2017年3月31日(金)19:00〜20:30
会場 カクタス・コミュニケーションズ
共催 サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)
[詳細]

・サイエンス・サポート・アソシエーション研究会 AAAS(ボストン2017 年次総会)報告会
日程: 04月01日 18:30〜(18:10 開場)
会場: キャンパスプラザ京都 第一演習室
[詳細]
ブログ記事
AAAS2017(ボストン) 2月16日 (前半)
AAAS2017(ボストン) 2月16日 (後半)
ジョン・ホルドレン(前大統領補佐官)の語る、トランプ政権への対処法
ナオミ・オレスケス講演「科学者は衛視の役割を努めるべきか?」 (AAAS年次総会 2日目全体講演)
トランプ政権に抗議する野外集会”Stand Up For Science”

会計報告

【経費】
航空券+ホテル代 184,463円
AAAS年次総会参加費 49,560円 ※一年ぶんの会費を含む
ESTA(アメリカ入国手続き費用) 1,614円
機器(ポータブルWifiレンタル) 10,400円

総計 256,037円

【収入】
寄付 80,000円
総計 80,000円

※林征幸様(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)
他、6名の方からいただきました。ご協力、ありがとうございます。

【イベント案内】サイエンス・サポート・アソシエーション研究会 AAAS(ボストン2017 年次総会)報告会

日程: 04月01日 18:30〜(18:10 開場)
会場: キャンパスプラザ京都 第一演習室 (アクセス


アメリカでドナルド・トランプ新政権が誕生し、中東・アフリカ7カ国からの入国制限や気候変動対策からの撤退など、大きな批判を呼び起こした政策が矢継ぎ早に発表・実施されています。科学政策という観点からは、気候変動に加えて、基礎科学や人文・芸術分野の軽視、連邦の研究機関所属の科学者・専門家に対する言論統制などが大きな問題になっています。
これに対して、研究者の側からも反発が高まり、4月22日のアースデーには科学のための大規模デモも企画されています。また、アメリカは元来、科学者と宗教右派が進化論教育や幹細胞研究などの問題をめぐって対立を続けていた国でもあり、この対立も再度激化する可能性も指摘されています。AAAS(全米科学振興協会)は日本では科学誌Scienceの発行元として知られていますが、各界に博士号保持者をインターンとして送り込むなど、科学側のロビイング機関としても機能しています。トランプ政権発足を受けて、科学者がどのようにこれに対応するのか、ボストンで開かれたAAAS年会の報告などから考えて見たいと思います。

報告者:
みわよしこ(フリーランス・ライター)
 「どうする、科学による世界の貧困解消?: どうなる、障害と科学?」
春日匠(サイエンス・サポート・アソシエーション)
 「トランプ時代のアメリカ科学技術政策: 宗教、科学、社会運動の対立軸を読み解く」

○どなたでもご参加いただけます。申し込み、参加料は必要ありません
(諸費用を賄うため、会場でカンパをお願いします)。

主催・連絡先:
サイエンス・サポート・アソシエーション
http://sci-support.org
e-mail: office@sci-support.org

当会の春日による発表は31日に東京でも行われます。
サイエンストークスLIVE 第5夜
ポスト真実がやって来た!トランプ時代にどう変わる?アメリカの科学と政治
http://www.sciencetalks.org/post_lp/sciencetalkslive_5

【謝辞】
春日のAAAS年次総会参加・調査については、サイエンス・サポート・アソシエーションへの皆様からの寄付で行わせていただきました。収支は追ってご報告させていただきますが、この場を借りてご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。

 ※この案内の転載を歓迎します。変更などはこのページでご案内しますので、サイエンス・サポート・アソシエーションのサイトへのリンクを必ず明記してください。

緊急告知 本日(2月17日)20時よりAAAS年次総会報告ライブ配信

w直前のご案内になりますが、本日(2月17日(金))日本時間20時ごろから、皆さまのご寄付をいただいて全米科学振興協会(AAAS)の年次総会に参加している春日匠が、YouTubeでライブ報告を行います。

AAAS年会の開催されているボストンから

 年次総会が行われているボストンから、トランプ政権の動向などについてご報告いたします。

どうぞ皆さまご覧ください。

春日はブログ、Twitterでも随時報告していますので、そちらもご参照ください。

AAASの年会のため、ボストンに来ていますAAAS2017参加雑感 その01

Twitter
https://twitter.com/skasuga

【追記】
 配信がどうもうまくいきませんでした。現場からの配信は断念させていただきます。申し訳ございません。
 報告はブログの方で継続させていただきますので、そちらをご覧頂ければ幸いです。

AAAS参加と、科学技術政策に関する調査・提言機能の強化のためのご寄付をお願いします。

 アメリカ合衆国大統領に、共和党のドナルド・トランプ氏が就任しました。前回も共和党のジョージ・ブッシュ政権(2001-2008)は基礎科学を軽視し、気候変動問題への対策でも世界は大きな遅れをとることになりました。トランプ政権は様々な問題でブッシュ政権以上に基礎科学やグローバルな環境問題に対して否定的な態度をとることを選挙中から明確にしており、就任後もその態度を変えようとはしていません。
 これに対して、アメリカおよび世界中の科学者は、どのように対抗していくべきか、またどのように対抗できるのかが問われています。様々なレベルでの対応がありますが、学術雑誌Scienceの出版元として知られ、主要な学会が加盟するNGOである全米科学振興協会(AAAS)はそのための重要な組織であります。
 その年次総会が2月15日から19日の日程で開かれます。もちろん、日本から自分の研究成果を発表し、他の研究者と交流するために多くの科学者が訪れますが、それに加えて、米国の科学技術政策の調査を目的とした人員派遣が重要ではないかと思います。
 そこで、サイエンス・サポート・アソシエーションでは、この年次総会に独自に1名を派遣し、現地情勢をレポートするとともに、帰国後の政策提言活動を担っていきたいと思います。
 この経費のために、寄付を募集します。
 目標額は、参加経費およびその後のアドボケーション活動を担うため、30万円程度をめどにしております(寄付額が目標を上回った場合は、こういった活動への支持が集まっていると判断し、サイエンス・サポート・アソシエーションの法人化などでさらなる活動を行うための経費とさせていただきます)。

振込先:
みずほ銀行 東戸塚支店 普通口座 1499771 榎木英介
 (とりあえず個人口座ですが、この口座へのご寄付はすべて、予定している法人の設立準備および活動に使わせていただきます。継続的な活動が見込めるようでしたら法人化して、頂いた寄付も速やかにそちらの口座に移した上で会計をご報告させていただきます)
 また、寄付に際して、お名前と肩書きを公開させていただければ幸甚です。公開をご了承いただける方は、振り込みと別途、以下のメールアドレスまで、お名前と肩書き、ご連絡先(メールアドレスで構いません)をご送付下さい。

サイエンス・サポート・アソシエーション 代表:榎木英介
  e-mail: office@sci-support.org website: http://sci-support.org

「現代思想」2014年9月号にSSA代表榎木の文章掲載

「現代思想」2014年9月号特集「医者の世界 新しい医療との向き合い方」にSSA代表榎木の文章が掲載されました。

病理医からみた医療 マージナルな存在、医療界の内なる「異邦人」

 8月号に引き続いての掲載となります。詳細は以下のリンクをご覧ください。

「現代思想」2014年9月号.

「現代思想」2014年8月号にSSA代表榎木の文章が掲載

SSA代表榎木が、青土社「現代思想」2014年8月号の特集「科学者 科学技術のポリティカルエコノミー」に文章を書きました。

「小保方」事件を超えて 「STAP細胞」があぶりだす科学の歪んだ構造

 です。詳細は以下のリンクをご覧ください。

9784791712847 – 「ユリイカ」「現代思想」の雑誌発行、人文諸科学の専門書の出版社「青土社」.